陶芸♪

    昨日からの雨・・・・
    芽吹いた木の芽や草も花たちも喜んでいるだろうな
    雨上がりは爽やかなみんなに出会えそう~
    


雨のハクモクレン 



     ピントは今一つの雫撮り(^-^;
     白く浮かぶのは咲き始めたハクモクレン♪


雫とハクモクレン 



    このハクモクレン、12月からこんなに膨らんでいて

ハクモクレン蕾 



    先日一気に花開いた♪

ハクモクレン 

 
 
    満開のハクモクレンを背景に並んだ夏ミカン♪


夏ミカン

    


             kitchen11.gif  

     今年も嬉しい夏ミカンが届いて、去年と同じ場所でパシャ!
     そのまま食べるよりマーマレードを作るのが毎年の楽しみ
     パール柑と並ぶとちょっと小ぶり・・・・


パール柑とハクモクレン3 




パール柑と夏ミカン 



     この季節、家じゅうが甘酸っぱい香りに満たされる
     マーマレードを作っている時だけじゃなく
     パール柑の分厚い皮をむいたときにも香りがすごくて(*^^*)





  ・ ・ ・ 北欧風花   北欧風花  北欧風花  北欧風花  北欧風花  ・ ・ ・



    
    先日、日本民藝館の『柳宗悦と民藝運動の作家たち』展へ
    バーナードリーチの作品を改めて観たくなって
        



日本民芸館 

     


    原田マハの『リーチ先生』を読んだのです
    ただただ感動の連続!
    久しぶりに何度も読み返したい本になりました

    それにしても陶芸について
    そこに関わる人や焼き上がるまでの過程、作品について
    ここまで素晴らしい文章で表現できるなんて
    原田マハ、さらにファンに (*^^*)

    『リーチ先生』は陶芸家バーナードリーチと
    彼を支えた柳宗悦やその仲間達の物語です
    で、改めてリーチの作品やその仲間の作品を観直したくなりました


     ・・・・・・・・・・・・・・・


    リーチがセントアイブスで焼いた(本で知りました)作品など
    素晴らしい作品に出会えました
    もともとは河合寛次郎が好きなのですが
    濱田庄司の作品も含めて三人の作品は常設展でがほとんど
    
    ちょっと期待外れ・・・と思っていたのですが
    初めて知った武内晴二朗と言う陶芸家
    この方の作品に魅入ってしまいました
    
    ネットからお借りした写真
    巾40cmほどの大皿、写真よりもずっと見ごたえありました!
 

武内晴二朗作品 





スポンサーサイト

早春の里山♪

    ほんのり桜色に変わりつつある里山
    この季節ここに立つといつもワクワクします♪



山1 



    お彼岸、実家へお墓参りに帰って来ました
    家から坂を登った先にあるこの雑木林への道
    ここを歩くのは外せない♪


山道2



    *これは一年前の写真、さくらの花が咲いていたのですが


桜5
 



    今年はまだ固い蕾でした・・・・ 
    蕾越しにみえるあの山の更に向こうは四尾連湖
    新緑の季節、今年は絶対あそこへ行こう♪
  

桜蕾2 



    ・ ・ ・ ・  蒼い鳥   ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 

    今年は寒かったのかな~
    途中の果樹園では梅の花がまだ咲いていました♪



梅の花3




梅の花 



    街の中でもいっぱい見てきた梅の花ですが
    山に囲まれた、ここで咲く花は格別!
    限りなく清楚で可愛らしく
    夢中で撮っていました(*^^*)
   

梅の花2 


 


梅の花4 




梅の花5 




    実はこの梅の木は若木、だからまだ咲いていたのかも
    花越しにきのこの生えた朽ちた切り株を・・・
    
      この果樹園は幼馴染が荒れた林を手入れしているのです
      がんばれっ!

梅の花6 



    そして梅の花を背景にイヌシデの蕾を・・・・


イヌシデの芽 



    振り返ってイヌシデの蕾の向こう側は・・・・


イヌシデの芽2 



    そう、ここは気分転換にいつも登って来ていたお気に入り♪

坂の上 



    この日も遠く町を見下ろし
    また来るね~と心の中で・・・・
    


遠景 

    

    故郷の山にむかいていう事なし?
    いえいえ、「ありがとう(*^^*)」って言ってました



桃の花色 ♪

  • 2017/03/07 22:18
  • Category:
    桃の節句に桃の花は咲いていません
    でも桃の花色をあちこちで見つけました♪


    一輪だけ開き始めていたアーモンドの花


アーモンド2 




アーモンド1




    こちらは寒緋桜
    頭上から降りそそぐようにたくさんの蕾が


寒緋桜1 




寒緋桜2 



    紅梅は満開♪ 
    先日の寒桜のバックに咲いていた紅梅の花


紅梅1 




紅梅2 




紅梅3 




紅梅4 




    こちらは小さな枝垂れ梅♪
    その花越しに畑を耕すボランティアの方たちが見えました
    穏やかな陽の下での作業に
    なんか良いなぁ~と
    建物ではなく、山ばっかりに囲まれた畑が
    田舎に帰ればあるのですが・・・・



農園 



   鍬をもつ様子、ちょっと似ている?
   飾ってある私のお雛様(3月いっぱい飾っておくことにしました)

   

雛人形 



   「ほお~っ、いい日和だのぅ」
   「おほほっ、ほんとに~」

   毎年この雛人形を飾って、二人はこんな会話してるんだろうな
   こういうの穏やかな老後の暮らしって言うんだろうなと思っていました
   で、ちょっと驚き!
   今朝の我が家の会話

   「あ、あそこのコブシ咲きだしたよ~」
   「ああ暖かくなったからな~、もう春だ」

   窓の外を眺めながらのんびりと・・・
   くぅ~っ、いつの間にか雛人形の二人に近づいていたのです(^-^; 



   ・ ・ ・ ・ ・ kemex.jpg  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


  
   和菓子よりも洋菓子を焼く方が若い行動?
   そんな訳もなく(^-^; 
   小さな抵抗でもなく
   春らしい桜の花入りマドレーヌを焼きました♪
   好きだから、齢には関係なかったのです・・・・



桜マドレーヌ 




春が来た♪

  • 2017/03/01 10:07
  • Category:
    春うらら~の3月♪
    
    花撮りで忙しくなる季節です
    さぁ出かけなくちゃ!


さくら2 



     柔らかな桜色~♪


さくら1





    あ、去年の写真じゃありません
    昨日行ったお気に入りの大学に咲いていました(*^^*)
    たぶん寒桜です
    背景のピンク色は満開の紅梅の花


    実はいっぱいの蕾をつけていた万作の花に会いに~
    途中のお気に入りスポット、ここにも万作が咲いていました



万作の花1 


 
    花のアップ!
    3つの花が固まって咲いているそうです
    いつも思うのですが不思議な花びら



万作の花4 




万作の花5 



     大きな木です
     里山ではもっともっと大きく育ち
     生き生きと咲いているんだろうな~
     本当は山の中で出会いたい花!



万作の花6 



    これは色違い、紅花の万作です♪


紅花万作の花2 




紅花万作1 



    今年も万作の花を撮ってホッ♪
    
    そしてミモザの花を撮って「う~ん、爽やか~」と感動?
    あぁまた春が来たと実感するここ数年の私ですが・・・



    ・ ・ ・ ・ ・ 蒼い鳥   ・ ・ ・ ・ ・




ミモザ1 




ミモザ 



    1か月前にも蕾だったミモザ
    実はこの日もまだ蕾でした(^-^;
    また行かなくては♪

      *10日ほど前、農家の庭先で買ったミモザの花束は
       もうドライ状態なのに・・・・・

       


春はそこまで♪

  • 2017/02/24 23:00
  • Category:
    春一番から二番三番と強風の日が続きます
    もう春はそこまできているような・・・


紅白







桃色梅



   この梅の花を撮ったのはもう二週間も前(^-^;
   春一番の前にもう散ってしまっただろうな~・・・・


白梅2
   




白梅3 




白梅5 




白梅4 


 
    陽を受けて咲く清楚な白梅♪
    でももっと清楚な白が目に!
    渡り廊下を行く花嫁さんの白無垢でした
    花を撮るより心が弾みましたよ(*^^*)
    



花嫁さん 



    ここは梅まつりをしていた学問の神様湯島天神です
    境内にはおみくじがいっぱい!


おみくじ 



    絵馬の数もはんぱじゃない!
    境内のほかの場所にも絵馬はありましたから



絵馬 



    この絵馬は合格祈願がほとんどなんでしょうね
    30代の頃一回だけ旅行先の神社で絵馬をかけた事が
    あっ、願い事はかないませんでしたが・・・


    さて、ここの絵馬にはシールが貼ってありませんでした
    潔いような
    だいたい他人の絵馬をじっくり読む人なんているのかな?
    携帯でアップで撮る人はいるようですが・・・


    「嫁に来ないか」という絵馬を読んで
    北陸の孤島からはるばる沖縄へ訪ねていく小説があったけど
    物語ならあり得るかも
    原田マハの『カフーを待ちわびて』
    発想と展開の面白さに一気に読んだ記憶が・・・ 


   

Pagination

Utility

プロフィール

Avocadocafe

Author:Avocadocafe
季節の花を撮る事と
カフェが好きです!